スポンサーリンク

キリシタン弾圧と雲仙地獄

スポンサーリンク

もともと1549年に初めてキリスト教宣教師ザビエルが鹿児島にやってきて、以来
九州地方で広まったキリスト教でしたが、
1587年に豊臣秀吉が出した宣教師追放令を受け継ぐ形で
江戸幕府でも1612年家康がキリスト教を禁止、
特にここ島原地方ではキリシタン大名であった有馬氏が
宮崎に移動させられて松倉氏に代わった頃から、
よりひどい迫害が加えられるようになり、
1622年の2代将軍秀忠のキリシタン禁止令に続いて
1626年にいわゆる踏み絵が始まり、改宗を迫られました。
当初は信仰の厚かったキリシタンと宣教師を雲仙地獄で拷問し、
湯の中に突き落とすといったことをやっていましたが、やがて
1627年から1630年の4年間は、改宗しないキリシタン信者をここ雲仙地獄に送り込み、
見せしめのために熱湯を浴びせるなどの弾圧行為がなされていました。

サイトトップ長崎県2月その他雲仙地獄次へ

キリシタン弾圧と雲仙地獄 左クリックで雲仙地獄へ右クリック背景に設定で壁紙へ

壁紙サイズ

カスタム検索
FORCE Club 大学入試対策講座eラーニングユーザー募集
FORCE Club 資格対策講座eラーニングユーザー募集