哲学の道 壁紙写真

哲学の道は京都市左京区にあり、銀閣寺橋から若王寺橋までの約1.6kmの区間をいいます。 哲学の道の名前の由来は、 もともと思索の道と呼ばれていたものが、 哲学者・西田幾太郎らが好んで散策していたことから いつしか哲学の道と呼ばれるようになっていったそうです。 もともと京都は学生の多い町でもあり、そのネーミングは 当時の思索にふける学生のイメージとも重なります また春の桜の時期には哲学の道の琵琶湖疎水の支流沿いに桜が満開となり、京都の桜の名所となります。 哲学の道の桜の見ごろは年にもよりますが例年では4月上旬頃となります。 また単なる散策路であり琵琶湖疏水沿いの道であるので入場料は無料、拝観時間も制限はありませんが、 駐車場は専用のものはありません。通常は銀閣寺の駐車場を使います。 銀閣寺駐車場を上がったところの銀閣寺橋が哲学の道の銀閣寺側の始まりです。

哲学の道と桜の壁紙写真

哲学の道はは京都でも有名な桜のスポットとなっています。

哲学の道
哲学の道
名前の由来
名前の由来
哲学の道と桜
哲学の道と桜
桜のスポット
桜のスポット
桜の種類
桜の種類
関雪桜
関雪桜
桜と緑が美しい
桜と緑が美しい
桜の見頃
桜の見頃
駐車場
駐車場
早朝のメリット
早朝のメリット
若王子付近の灯篭と桜
若王子付近の灯篭と桜
苔むした古木越しに桜を見る
苔むした古木越しに桜を見る

撮影地 哲学の道(京都市) 撮影日2005年4月11日


FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ京都4月COOLPIX8800>哲学の道

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集