但東チューリップ祭り

但東チューリップ祭りは4月下旬頃、但東町畑山の休耕田を使って 行われているチューリップ祭りです。 但東チューリップ祭りは毎年メインにキャラクターをあしらった チューリップの図柄が登場し、見に来る人々を楽しませてくれます。 但東チューリップ祭りは毎年4月15日頃から4月30日頃までの 11日間ほどの間(年によって開催期間はやや異なる)、 但東町(現:豊岡市但東町)畑山地区の休耕田に100万本とも呼ばれる チューリップ畑を登場させて目を楽しませてくれます。 1991年から開催されているものですが、目的は但東町のチューリップ栽培を より多くの人々にPRしようという狙いがあるものと思われます。 但東チューリップの歴史は、昭和24年(1949年)に始めたチューリップの球根栽培に始まります。 その後但東町の特産品として、但東町花卉球根園芸組合を中心に栽培と球根やチューリップの切花等の販売にも 力を注ぎ、現在では50年の歴史を持つまでに至りました。 しかし現在では最盛期に比べてチューリップの球根の出荷も減少気味のため、 少しでも多くの人々に但東町のチューリップを知ってもらおうと企画されているものと思えます。 但東町でチューリップ栽培が盛んに行われてきた背景には、チューリップ栽培に適した 日本海側の気候がマッチしていたこともあります。 チューリップの特性として、冬場の時期にまず発芽する前に地中に根を伸ばし、 地中の水分や養分を充分に吸収して栄養を蓄え、やがて春の雪解けとともに発芽し成長するという性質があり、 これは冬場に雨や雪が多い日本海側の気候がチューリップの特性と非常に合っているためです。

たんとうチューリップまつり

但東チューリップ祭りの見頃

兵庫県豊岡市但東町のチューリップ祭り

但東チューリップの歴史

チューリップが但東町で特産品となった理由

インフィオラータ神戸・インフィオラータ朝来とチューリップ

撮影日2003年4月21日

但東チューリップ祭り
但東チューリップ祭り
たんとうチューリップ
たんとうチューリップ
但東チューリップの歴史
但東チューリップの歴史
但東町で特産品となった理由
但東町で特産品となった理由
チューリップ祭り 見頃
チューリップ祭り 見頃
インフィオラータとチューリップ
インフィオラータとチューリップ
チューリップ産地とチューリップ
チューリップ産地とチューリップ
インフィオラータと新潟県
インフィオラータと新潟県
会場アクセス
会場アクセス
但東チューリップ祭りの特徴
但東チューリップ祭りの特徴
入場料
入場料
開催時間
開催時間

FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップチューリップ兵庫県4月>但東チューリップ祭り

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集