滝野鮎まつり・花まつり

滝野鮎まつり・花まつりの行事は 毎年5月1日に滝野闘龍灘で鮎漁が全国で最も早く解禁されるのを祝って 行われている行事です。 もともと花祭りはお釈迦様の生誕を祝う行司として毎年4月8日を花初めとして祝う行司でしたが、 それが5月1日に全国に先駆けて解禁となる闘龍灘の鮎漁を祝う鮎祭りと一緒になって、 5月3日に鮎祭り・花祭りとして開催されているものです。 5月3日夜には鮎祭り花祭りのラストを飾る行事として ここ闘龍灘において打ち上げ・仕掛けなどの花火が行われています。 花火の開始時刻は19時30分から21時ごろまでです。 花火の総数は約1500発ほどと、規模的にはさほど大きくはない花火大会ですが、それでも近隣から大勢の観光客を集めます。 この時期の花火は珍しいこともあってか、屋台なども出て大変な賑わいを見せてくれます。 闘龍灘の岩場に仕掛けられた花火が、観客の間近で打ち上げられる様はなかなか迫力があります。 4号玉打ち上げ花火やスターマインを中心に、文字花火、乱玉、最後の締めくくりはナイアガラです。 当日は交通規制もありまた駐車場もほとんど無いため、電車かバスでの来場がオススメです。
   












滝野鮎まつり・花まつり(兵庫県滝野町) 撮影2003年5月3日

FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ兵庫県花火5月闘龍灘>滝野鮎まつり花まつり

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集