スポンサーリンク

シャクナゲはもともと高山植物

スポンサーリンク

シャクナゲはツツジ科に属する高山植物で、そのうちシャクナゲ亜属の総称です。
もともと原産は中国西部からヒマラヤにかけての標高1000m〜4000m付近に分布していたこともあり、
標高700m以上の高地に咲く高山植物だったはずのシャクナゲですが、
近年では品種改良などや、直射日光を避ける、
暑さに強い系統のシャクナゲを植えたりすることで、
低地でも結構あちらこちらで見ることが出来るようです。
中でも日本産のホンシャクナゲやホソバシャクナゲは
昔か低地に適応してきた歴史を持っているようです。
ちなみに佐用町平福は標高140m程度ですから、
内陸とはいえシャクナゲにとっては過酷な環境かもしれません。

サイトトップ兵庫県4月播州平福しゃくなげの里次へ

シャクナゲはもともと高山植物 左クリックで播州平福しゃくなげの里右クリック背景に設定で壁紙へ

壁紙サイズ

カスタム検索
FORCE Club 大学入試対策講座eラーニングユーザー募集
FORCE Club 資格対策講座eラーニングユーザー募集