識名園

沖縄県那覇市にある識名園の壁紙写真です。 識名園(しきなえん・沖縄ではシチナヌウドゥンと呼ぶ)は琉球王家の最大の別邸です。 首里城とは比較的距離も近いところにあり、王家の人々の保養や また外国からの来賓を接待するところとしても使われていたという歴史を持っています。 首里城などと比べると創建年代は比較的新しく、1799年に完成し、当時第二尚氏王朝の第15代国王であった尚温王(しょうおんおう)の の冊封のために中国からやってきた冊封使をここでお迎えし接待しています。 識名園は中央に池を配した廻遊式庭園となっています。日本の廻遊式庭園と中国両方の庭園美を合わせた様な感じで、 六角堂などの建物には中国の影響も見られるのが特徴となっています。 また池を廻るこの庭園には大小のアーチ橋が掛けられていますが、この橋は琉球石灰岩で出来ており、 琉球独特の庭園の感じも放っています。 識名園の総面積は約4万2千平方(1万2千700坪)メートルほどある広大なもので、そのうち建物の占める面積は約195平方メートルあります。 琉球王家は識名園以外にも17世紀の後半に完成した御茶屋御殿(ウチャヤウドゥン)と呼ばれる別荘を持っており、こちらは首里城の東に位置していたため 東苑と呼ばれ、それに対して新しく出来た識名園は首里城の南側に位置しているため南苑と呼ばれていたそうです。 識名園もまた太平洋戦争・沖縄戦で大きな被害を受けていましたが、1975年より復興と整備が進められ、ようやく現在のような姿を取り戻しました。 また復興後すぐの1976年には国の名勝に、2000年には特別名勝に、2000年12月2日にはユネスコの世界遺産にも登録されています。 なお、識名園へは那覇市内の県道222号線、真地交差点すぐのところに入り口があります。入場料は300円かかります。
識名園正門
識名園正門
御殿(ウドゥン)
御殿(ウドゥン)
識名園の庭園
識名園の庭園
六角堂
六角堂
池を渡る石橋
池を渡る石橋
六角堂と石橋
六角堂と石橋
御殿から見る庭園
御殿から見る庭園
御殿方向より見る識名園庭園
御殿方向より見る識名園庭園
育徳泉(いくとくせん)
育徳泉(いくとくせん)
廻遊式庭園
廻遊式庭園
池の中央部分にある石橋
池の中央部分にある石橋
二つのアーチ式の石橋
二つのアーチ式の石橋
石橋の上から御殿を見る
石橋の上から御殿を見る
石橋から見る六角堂と御殿
石橋から見る六角堂と御殿
池の中に浮かぶ六角堂
池の中に浮かぶ六角堂
緑の池と御殿
緑の池と御殿
御殿と六角堂
御殿と六角堂
庭園からアーチ橋を見る
庭園からアーチ橋を見る
ホウオウボク
ホウオウボク
ホウオウボクと赤い実
ホウオウボクと赤い実
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
撮影地 識名園(沖縄県那覇市字真地) 撮影日2007年7月3日
撮影カメラ EOS 5D タムロン 28-300mm 家族撮影分


FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ沖縄県7月首里城首里城公園玉陵金城町石畳道その他EOS 5D>識名園

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集