なばなの里ベゴニア館

なばなの里ベゴニア館で撮影したベゴニアの壁紙写真です。 なばなの里のベゴニア館では非常に多くのベゴニアの花々を見ることが出来ます。 入場料は1000円かかりますが、なばなの里の入場料の金券が使えます。 なばなの里ベゴニア館は総床面積7000平方メートルもあり、園内奥にあるベゴニアガーデンです。 ベゴニア数百種類、約1万2千株ともいわれる壮大なベゴニアガーデンが館内いっぱいに 上からも下からも広がっています。 またここでは夏も冬も一年を通じて館内いっぱいに広がるベゴニアの花を見ることができます。 このベゴニアガーデンは別名アンデスの花園とも呼ばれています。 ベゴニアはもともとアンデス山地原産の花で、日本の気候風土にはあまりなじまないと言われ、 それゆえアンデスの花園と呼ばれているわけです。 大抵どこのベゴニアガーデンでも温室栽培を基本としています。 これは温度管理と湿度管理がベゴニアの生育環境の決め手となっているためです。 特にベゴニアが苦手とするのが日本の夏の気候で、高温多湿の環境下では もともと1500m付近で生育してきたベゴニアは枯れてしまい、生きてゆくことができません。 また冬の湿度も非常に嫌う性質があり、あまりに寒いと冬眠してしまうという性質があります。 このためベゴニアガーデンではこれらの問題を解決するために完璧な空調管理を導入しています。 それともうひとつ重要になるのが日光に当ててやることで、 これも屋根に当たる部分に日光を取り入れる工夫をしてあります。 またここの特徴としてはベゴニアの花を切り取って水に浮かべてあります。 これは他のベゴニアガーデンではあまりお目にかからないもので、 美しい花を一層引き立てているようです。

なばなの里ベゴニア館(三重県長島町)

アンデスの花園・ベゴニアガーデン

なばなの里 ベゴニアガーデン

球根ベゴニアの種類

ベゴニアと高温多湿の夏

ベゴニアと日光の関係 他

撮影日2003年3月26日

ベゴニア館
ベゴニア館
アンデスの花園
アンデスの花園
球根ベゴニアの種類
球根ベゴニアの種類
アンデス原産の球根ベゴニア
アンデス原産の球根ベゴニア
ベゴニアと高温多湿の夏
ベゴニアと高温多湿の夏
ベゴニアと冬の寒さ
ベゴニアと冬の寒さ
ベゴニアにとっての適温
ベゴニアにとっての適温
ベゴニアと日光の関係
ベゴニアと日光の関係
環境の変化にも弱い
環境の変化にも弱い
一年中咲かせ続けるために
一年中咲かせ続けるために
咲かせ続けるために
咲かせ続けるために
空調設備
空調設備
光を取り入れる工夫
光を取り入れる工夫
安定した生育環境
安定した生育環境
ベゴニアと日照時間
ベゴニアと日照時間
ベゴニアと営業時間
ベゴニアと営業時間
ベゴニアガーデンの扉
ベゴニアガーデンの扉
オフィーリアの世界
オフィーリアの世界
入場料
入場料
最も美しい時間
最も美しい時間

FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップベゴニア三重県3月なばなの里チューリップなばなの里夜景>なばなの里ベゴニア館

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集