宮津燈籠流し花火大会花火写真

京都府宮津市において毎年8月16日に行われているのが宮津燈籠流し花火大会です。宮津湾に面した市の中心部にある島崎公園一帯を会場にして行われています。花火大会の規模はさほど大きい大会ではありません。数は約3500発ということで近隣の花火大会としてもあまり大きい規模ではなく、京都府下で行われている花火大会では宇治川花火大会やみなと舞鶴ちゃったまつり、亀岡平和祭保津川花火大会、やぎの花火大会、ドッコイセ福知山花火大会に次ぐ規模となっています。ここの花火大会の特徴は燈籠流しが行われていることで、そういう点では同じ日本海側の敦賀花火大会(とうろうながしと大花火大会)と似たような趣向となっています。花火の開始時刻は午後7時30分、終了が午後8時26分と、約1時間に約3500発を打ち上げてゆきます。この燈籠流し花火大会は約400年位前に宮津城下の人々がお盆の精霊送りの行事として海に向かって燈籠を流したことが起源となっており、その行事が受け継がれて今日に至っている伝統のある行事です。またそれに国鉄宮津線(元北近畿タンゴ鉄道)が開通した1924年(大正13年)から始められた花火が現在までこのような形で継続されています。
精霊船について
精霊船について
宮津湾の燈籠流し
宮津湾の燈籠流し
燃えてゆく精霊船
燃えてゆく精霊船
精霊船燈籠と燈籠流し
精霊船燈籠と燈籠流し
駐車場
駐車場
交通状況
交通状況
最寄りのインター
最寄りのインター
食事とトイレ
食事とトイレ
場所取り
場所取り
花火について
花火について
雨交じり
雨交じり
観光船乗り場の西側
観光船乗り場の西側
次々に上がる花火
次々に上がる花火
上と横のコンビネーション
上と横のコンビネーション
海上を染め上げる花火
海上を染め上げる花火
帰りの交通渋滞
帰りの交通渋滞
コンビネーション花火
コンビネーション花火
海面に映る花火
海面に映る花火
雨の中の花火撮影
雨の中の花火撮影
クライマックスの花火
クライマックスの花火
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
1366x768
1366x768
1440x900
1440x900
1600x900
1600x900
1920x1080
1920x1080

撮影地 宮津燈籠流し花火大会(京都府宮津市島崎公園・宮津湾) 撮影日2011年8月16日
撮影カメラ EOS 5DMark2 レンズ EF 28-300mm F3.5-5.6 L IS USM
参考GPS測位標高データ 島崎公園観光船乗り場 標高2m
緯度経度 島崎公園観光船乗り場駐車場 北緯35度32分22秒20 東経135度11分38秒64


FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ京都府花火8月EOS 5DMark2>宮津燈籠流し花火大会

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集