黒部峡谷

黒部峡谷は立山連峰と後立山連峰の間にある断崖絶壁の連なる峡谷で、 この断崖絶壁を作り上げた北アルプスの鷲羽岳を源とする全長約85kmの黒部川に沿ってできている峡谷です。 以前は秘境でしたが、現在ではトロッコ列車が欅平まで運行されており、 誰でもこの秘境に気軽に入り込めるようになりました。 黒部峡谷は険しい断崖絶壁に囲まれて道もなく、以前は全く人を寄せ付けない秘境と言われていました。 その黒部峡谷に人が入るようになったのは関西電力の黒部ダム建設工事が始まって以後のことです。 1923年(大正12年)に宇奈月から始まった黒部峡谷鉄道建設は断崖を切削しながら1926年(大正15年)に猫又駅まで開通し、 それと平行して1924年(大正13年)からいよいよダム建設の資材運搬が始まります。 そう、もともと黒部峡谷鉄道は電力会社の資材と人員運搬用のためにあって一般観光用ではなかったわけです。 鉄道が終点欅平まで開通したのは1937年(昭和12年)のことです。実に建設開始から15年の歳月を費やしたわけです。 そしてようやくここに総延長20.1kmの黒部峡谷鉄道が完成しました。 また一般観光用にと富山県からの強い要請もあって、正式に黒部峡谷鉄道として運用を開始したのは1953年(昭和28年)のことです。 また峡谷沿いにはダムをいくつも見ることができます。 宇奈月駅(標高224m)を出発して新山彦橋を渡り、最初に見えてくるのが宇奈月ダムと西洋の古城風の新柳河原発電所。 そこからしばらく走ると右手ダム湖の畔に仏石と呼ばれる岩が見えてきます。 斜面中ほど、赤い帽子をかぶっているのですぐに分かります。 またしばらく行くと黒薙駅に到着し、ここでは黒薙温泉へ行く人のみ乗降できます。 黒薙駅の進行方向に見えるのが有名な鉄橋・後曳橋で、渓谷は沿線で最も深く、川底からの高さ60mもあります。 そして次に見えてくるのが出平ダム、ここは砂防ダムの役割を果たしています。 そこからさらに奥へ進むと1936年(昭和11年)完成の黒部第二発電所があります。 猫又の駅手前にはねずみ返しといわれる高さ200mの花崗岩でできた断崖絶壁があります。 猫又の名前の由来も鼠返しから来ているようで、ねずみ返し、猫も又同じと言う意味だそうです。 この駅では上下のトロッコ列車のすれ違いが行われます。 ここからさらに上流へ行くと鐘釣温泉に行ける鐘釣駅(標高443m)、そして黒部第三発電所を過ぎると 終点欅平(標高599m)に到着します。 これ以降の峡谷は登山家向きのルートとなります。黒部ダム方面へ向かって断崖絶壁の岩盤を人一人が歩ける程度の 広さの歩道がついているそうですが、行く勇気はありませんし一般向けでもありません。 電力会社の専用ルートとして竪穴でトロッコ自体を積み込める高低差200mのエレベーターを使って上部軌道に連結し、 またインクラインと呼ばれる斜度34度もある地下ケーブルを使って 物資を黒部第四ダムまで運んでいるのだそうですが、こちらは一般には開放されていません。

黒部峡谷と新緑

黒部峡谷・新山彦橋

秘境 黒部峡谷と滝の壁紙(富山県)

トロッコ電車の車窓から

黒部第二発電所

黒部万年雪 鐘釣駅 他

撮影日2004年5月7日

新山彦橋
新山彦橋
トロッコ電車の車窓から
トロッコ電車の車窓から
仏石
仏石
新緑と渓谷
新緑と渓谷
後曳橋
後曳橋
後曳橋より見た渓谷
後曳橋より見た渓谷
出平ダム
出平ダム
黒部第二発電所
黒部第二発電所
黒部トロッコ電車
黒部トロッコ電車
黒部万年雪
黒部万年雪
鐘釣駅
鐘釣駅
動く車窓から
動く車窓から
トンネルを抜けたら滝が
トンネルを抜けたら滝が
欅平 新緑と滝
欅平 新緑と滝
清流
清流
欅平と黒部第4ダムを結ぶ
欅平と黒部第4ダムを結ぶ
渓谷と滝
渓谷と滝
黒部第三発電所
黒部第三発電所
峡谷の絶景
峡谷の絶景
奥鐘橋
奥鐘橋
切り立った渓谷
切り立った渓谷
下から見た轟瀑
下から見た轟瀑
雪解けの清流
雪解けの清流
奥鐘橋と滝
奥鐘橋と滝

FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ5月富山県新緑COOLPIX8700黒部ダム立山室堂称名滝>黒部峡谷

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集