北野天満宮

梅の名所として知られる京都北野天満宮の梅の壁紙写真です。北野天満宮は学問の神様である菅原道真公をお祀りしていることでも知られており、 福岡の大宰府天満宮には北野天満宮から道真の後を追って飛んでいったとされる飛び梅伝説もあります。 また北野天満宮は天神信仰の拠点でもあり、学問の神様というところから、受験シーズン前には多くの参拝客でにぎわいます。 天満宮の歴史は祭神である菅原道真公は903年2月25日に無実の罪で流刑先の福岡・太宰府にて亡くなりましたが、 その頃から都では天変地異が相次ぎ、都ではこれを菅原道真の祟りだとして恐れ、 その霊を鎮めるために947年6月9日にこの北野天満宮で御霊を 御神託を受けたとされる多治比文子らの手によってお祀りし、 朝廷自身がここ北野の地に社殿を建立したのが始まりだったそうです。 その後987年に一条天皇の勅命により北野天満宮天神の称号を受け、名称が北野天満宮となります。 以後藤原家や菅原家、将軍足利家や豊臣家などの庇護を受け、特に現在桧皮葺屋根の本殿をはじめ多くの社殿は 1607年に豊臣秀頼の建立と伝えられており、当時の豪華な桃山時代の文化を色濃く反映しているようです。 飛び梅伝説もある梅は境内と手前にある梅園合わせて約50種類2000本ともいわれ、 梅好きで有名な菅原道真公ゆかりの天満宮と言うこともあり京都でも最も有名な観梅スポットとなっています。 梅の見頃は2月下旬から3月中旬頃ですが、ちょうどこの頃道真公の命日があると言うのも何か偶然とは思えないものがあります。

京都 北野天満宮の梅

京都の梅の名所・北野天満宮と梅の花です

北野天満宮について(京都市)

北野天満宮は京都市上京区馬喰町にあります

学問の神様・菅原道真公をお祀りしてあります

春になると梅苑と境内に満開の紅梅白梅を見ることが出来ます

撮影日2006年3月9日

神使の牛
神使の牛
楼門と白梅
楼門と白梅
三光門(中門)
三光門(中門)
北野天満宮の歴史
北野天満宮の歴史
早朝の本殿と中庭
早朝の本殿と中庭
雲龍梅
雲龍梅
学問の神様と言われる理由
学問の神様と言われる理由
摂社 地主神社
摂社 地主神社
北野天満宮本殿と紅梅
北野天満宮本殿と紅梅
天満宮と梅の花
天満宮と梅の花
本殿と梅
本殿と梅
金色灯篭と梅の花
金色灯篭と梅の花
金色灯篭と梅の花
金色灯篭と梅の花
紅梅越しに金色灯篭を見る
紅梅越しに金色灯篭を見る
三光門横の金色灯篭と紅梅
三光門横の金色灯篭と紅梅
灯篭と紅梅白梅
灯篭と紅梅白梅
北野天満宮梅苑
北野天満宮梅苑
北野天満宮梅苑
北野天満宮梅苑
笑う狛犬
笑う狛犬
末社 一ノ保神社
末社 一ノ保神社
北野天満宮 本殿
北野天満宮 本殿
参道の石灯篭と白梅
参道の石灯篭と白梅
拝観料と駐車場
拝観料と駐車場
25日が縁起の北野天満宮
25日が縁起の北野天満宮
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
1366x768
1366x768
1440x900
1440x900
1600x900
1600x900
1920x1080
1920x1080
参考:北野天満宮参拝者駐車場 標高71m(GPS測位)
使用カメラ EOS 5D  使用レンズ タムロンAF28-300mm


FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ京都3月EOS 5D>北野天満宮

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集