紀三井寺

紀三井寺は和歌山市市街地にあり、近畿でも早咲きの桜の名所として有名です。
また紀三井寺には桜の開花標準木とされるソメイヨシノがあり、 この標準木の開花によって、紀三井寺から近畿の桜の開花が始まります。紀三井寺境内には約1200本の桜が植えられており、日本の桜名所100選にも選ばれています。和歌山の桜の名所であるとともに早咲きの桜としても有名です。 紀三井寺は正式名称を紀三井山金剛宝寺護国院といい、和歌山県和歌山市にあるお寺です。 紀三井寺の創建は奈良時代の770年、唐から来た僧・為光上人によって開かれました。 もともとは真言宗のお寺でしたが、昭和26年に救世観音宗の総本山となっています。 また、紀三井寺の名前の由来は境内にある三つの井戸、清浄水・楊柳水・吉祥水が湧き出していることや、 滋賀県にある三井寺と区別するために紀州をとって紀三井寺と名前がついたようです。 またこの境内にある三井水は昭和60年3月には名水百選にも選定されています。 本尊は十一面観音菩薩像で、これは開基である為光上人の手彫りの作といわれているそうです。 また近畿に春を呼ぶといわれるように紀三井寺には和歌山地方気象台指定のソメイヨシノの標本木があり、 この桜の開花をもって近畿地方の桜の開花宣言ともなっている桜の早咲きの名所でもあります。 私が行った2006年春では4月3日頃に満開を迎え、他のところより3日〜5日くらい満開は早いように思います。 なお、2006年春の桜の開花宣言は3月25日に出たようです。 また境内には約1200本と呼ばれる桜が美しく咲いています。
楼門
楼門
幸福観音像
幸福観音像
鐘楼
鐘楼
灯篭越しに本堂と桜
灯篭越しに本堂と桜
名前の由来
名前の由来
本堂前のごくらく橋
本堂前のごくらく橋
水子観音像
水子観音像
アクセス・駐車場
アクセス・駐車場
本堂横から見た和歌浦湾
本堂横から見た和歌浦湾
本堂脇の桜
本堂脇の桜
紀三井寺 本堂
紀三井寺 本堂
極楽橋と桜
極楽橋と桜
紀三井寺ごくらく橋と桜
紀三井寺ごくらく橋と桜
多宝塔
多宝塔
大師堂の屋根と桜
大師堂の屋根と桜
ソメイヨシノ標本木
ソメイヨシノ標本木
多宝塔横の桜の巨木
多宝塔横の桜の巨木
新仏殿「心の燈台」
新仏殿「心の燈台」
和歌浦湾の風景
和歌浦湾の風景
拝観料
拝観料
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
1366x768
1366x768
1440x900
1440x900
1600x900
1600x900
1920x1080
1920x1080
撮影地 紀三井寺(和歌山県和歌山市) 撮影日2006年4月3日
撮影カメラ EOS 5D レンズ EF 28-300mm 3.5-5.6 L IS USM
参考GPS測位標高データ 紀三井寺駐車場 標高9m 紀三井寺本堂 標高50m


FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ和歌山県4月EOS 5D>紀三井寺

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集