風見鶏の館

神戸北野異人館・風見鶏の館
風見鶏の館は明治42年にドイツ人の貿易商ゴッドフリード・トーマス氏によって
建築された北野異人館でも有名な建物です。
建築し、居住されていたトーマス氏にちなんで
正式名称は旧トーマス住宅とも呼ばれています。
風見鶏の館の名称は三角屋根の頂点にある風見鶏がこの建物の特徴でもあり、
また昭和52年に放映されたNHK朝の連続テレビ小説「風見鶏」で舞台となったことで一躍有名になりました。

サイトトップ神戸異人館12月COOLPIX8800風見鶏の館次へ

風見鶏の館 左クリックで風見鶏の館へ右クリック背景に設定で壁紙へ

壁紙サイズ

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 大学入試対策講座eラーニングユーザー募集
FORCE Club 資格対策講座eラーニングユーザー募集