十二湖の秋・紅葉

白神山地の西の端の津軽国定公園内にある、青池があることで有名な十二湖は、青森県西津軽郡深浦町(旧岩崎村)にあり、33個ぐらいある湖の総称としてその名称で呼ばれています。何故十二湖かと言うことは、よくわかっていないのですが、何でも大崩と言う崩山の途中にある断崖絶壁の展望所の上から眺めた時に、大きい池が十二湖見えたからそういう名称がついたという話になっています。実際には12ではなく33(湖盆ベースでみた場合)あるそうです。江戸時代の1704年5月27日に津軽能代地方を震源として起きた地震の影響で、山体崩壊が起こって沢が堰き止められて作られたのがこの十二湖です。この一帯は1975年(昭和50年)3月31日に津軽国定公園として制定されています。海岸沿いを走る国道101号線から中に入って行きますが、最初に日本キャニオンの白い岩を見ながら、標高を上げていきます。十二湖のうちのいくつかは、駐車場へ行く前に見ることが出来ます。八景の池や二ツ目の池や王池の近くを通りながら、十二湖ビジターセンターの脇を抜けて上がって行くと、森の物産館キョロロと言うのがあり、その上がったところが1日400円の有料駐車場になっています。そこから十二湖の散策が始まります。今回は時間の関係もあったので、一番メジャーなお勧めコースといわれる短い距離のコースを歩いてきました。時間的にはゆっくり写真を撮りながら歩いたとしても40分くらいの時間で回れました。時期的には少し紅葉というにはまだこのあたりは早い感じですが、紅葉の見頃になるのは、おそらく10月末から11月初旬前後になるのではないかと思います。
越口の池
越口の池
中の池
中の池
落口の池
落口の池
森の物産館キョロロと有料駐車場
森の物産館キョロロと有料駐車場
鶏頭場の池
鶏頭場の池
鶏頭場の池から青池
鶏頭場の池から青池
青池
青池
十二湖とツキノワグマ
十二湖とツキノワグマ
上から見下ろした青池
上から見下ろした青池
青池裏側より
青池裏側より
白神山地ブナの森の散策路
白神山地ブナの森の散策路
沸壺の池
沸壺の池
ブナ自然林から沸壷の池
ブナ自然林から沸壷の池
高い透明度の沸壷の池
高い透明度の沸壷の池
十二湖の散策路
十二湖の散策路
がま池
がま池
王池東湖
王池東湖
王池西湖と湖盆
王池西湖と湖盆
二ッ目の池
二ッ目の池
日本キャニオン
日本キャニオン
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
1366x768
1366x768
1440x900
1440x900
1600x900
1600x900
1920x1080
1920x1080

撮影地 十二湖(青森県西津軽郡深浦町松神松神山) 撮影日2010年10月24日
撮影カメラ EOS 5DMark2 レンズ EF 28-300mm F3.5-5.6 L IS USM
参考GPS測位標高データ 十二湖青池 標高274m
緯度経度 十二湖青池 北緯40度33分37秒02 東経139度59分05秒50


FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ青森県10月EOS 5DMark2>十二湖の秋風景

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集