立山室堂平・地獄谷

立山室堂・地獄谷の壁紙写真です。今回は室堂平の地獄谷の風景をお届けします。 立山黒部アルペンルート・室堂平で下りて散策すると、天国と地獄を見ることができます。 浄土山から続く室堂平が天国とすると、ここ地獄谷は地獄を表しています。 地獄谷へは室堂平からミクリガ池方面へ道を取り、ミクリガ池からは急な石段を5分ほど下ったところにあります。 地獄谷は下りきったところにある代表的な鍛冶屋地獄をはじめ、左手に天狗平へ向かう水平道を行くと 百姓地獄と呼ばれるところ、右手雷鳥沢ロッジ方面へ取ると紺屋地獄と呼ばれるところがあります。 それ以外にも大小136もの地獄があるといわれていますが、どれがどう呼ばれているのかハッキリしません。 ここへ来ると風景は完全に一変します。それまでの緑に覆われていたものが一気にグレー一色の世界へ変わります。 また周囲には硫黄のにおいが立ち込め、鍛冶屋地獄はじめ硫化物を吹き上げる 黄色く変色した昇華硫黄と呼ばれる噴気孔がいたるところにあります。 また地獄谷は立山火山が最後に活動していたところで、 一万年前くらいまで噴火活動が盛んで、いたるところに火口があったそうです。 噴火こそ1836年の水蒸気爆発を最後に収まっているようですが、立山一帯が火山だった明確な証拠として地獄谷は存在しています。 また平安時代に書かれた今昔物語などにも登場するところから、かなり以前からここに地獄があることは知られていたようです。 また平安時代当時の山岳信仰・修験道でも地獄谷がこの世の地獄が現されたものとしてあがめられており、 現世に現れた地獄は山岳信仰にとって立山を霊山とあがめるに充分な要素となっているものと思われます。 また雲仙地獄の歴史などに見られるようなキリシタン弾圧などの地獄攻めがここで行われたという記録は残っていないようです。 キリシタンが少なかった土地柄や、もし行われたとしても標高2300mの道なき登山自体でも充分拷問に値すると思われます。 私は地獄谷から再度ミクリガ池のほうへ引き返しましたが、鍛冶屋地獄で標高2316m、ミクリガ池が標高2404mですから、 標高差で88mをわずか距離400m程、平均勾配22%で登りきりますので、かなりシンドイ登りとなります。

立山室堂平・地獄谷

美しい立山で突如現れる地獄谷の風景

地獄谷(富山県立山町)

緑が美しい立山連峰を背景に

突如出現する地獄谷

立山が活火山であった証拠がそこにあります

撮影日2006年8月10日

ミクリガ池から地獄谷を望む
ミクリガ池から地獄谷を望む
上がる噴気
上がる噴気
紺屋地獄
紺屋地獄
荒涼とした遊歩道
荒涼とした遊歩道
鍛冶屋地獄
鍛冶屋地獄
百姓地獄
百姓地獄
叡山白(日本産)
地獄谷を流れる川
天狗平へ向かう水平歩道から
天狗平へ向かう水平歩道から
湧き出す熱湯
湧き出す熱湯
イオウ塔と立山連山
イオウ塔と立山連山
鍛冶屋地獄・イオウ塔
鍛冶屋地獄・イオウ塔
エンマ台展望所より望む
エンマ台展望所より望む
撮影カメラ EOS 5D レンズ EF 28-300mm 3.5-5.6 L IS USM
参考GPS測位標高データ 立山駅481m 室堂平2440m みくりが池2404m 地獄谷2350m 鍛冶屋地獄2329m
エンマ台展望所2425m ミドリガ池2436m ミドリガ池休憩所2442m 室堂・雄山登山道入り口2468m


FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ富山県山岳8月立山室堂平黒部峡谷黒部ダムEOS 5D>地獄谷

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集