宝厳院

京都嵐山にある宝厳院の紅葉の壁紙写真です。 宝厳院は臨済宗大本山の天龍寺の塔頭のひとつで、天龍寺の南隣にあります。 天龍寺を正面に見ながら進路を左手にとり、道路を左手に進んでゆくと宝厳院の入り口に出てゆきます。 宝厳院は正式名称を大亀山宝厳院といい、創建は室町時代の1461年です。 開山は室町幕府の当時の管領であった細川頼之で、創建は聖仲永光禅師という禅僧です。 室町幕府自らが開山した寺院として足利尊氏から続く禅宗信仰の一端がここにも伺えます。 この聖仲禅師は天龍寺を創建した夢窓疎石の第三世法孫に当たります。 もともと宝厳院は京都市上京区禅昌院町にあったものですが、その後応仁の乱で焼け落ち、 豊臣秀吉が天正年間(1573年〜1591年)に再建します。その後河川工事のために土地を明け渡し、 1972年(昭和47年)に天龍寺塔頭の弘源寺境内(天龍寺法堂向かって右手にある)に移転します。 現在の位置にはごく最近の2002年(平成14年)に再度移転して、およそ150年ぶりに2002年より一般公開されています。 宝厳院入り口を入るとまず参道左手に大正時代に建てられたといわれ、 2003年(平成15年)に修復された青嶂軒(せいしょうけん)と呼ばれる茶店があります。 京都らしいこじんまりとした茶室で、ここでお茶とお菓子を頂き、その後いよいよ宝厳院の庭園へと向かいます。 宝厳院庭園は夢窓疎石の法孫にあたる策彦周良禅師の作といわれる庭園で、嵐山を借景とした借景回遊式山水庭園です。 この庭園は別名獅子吼の庭(ししくのにわ)とも呼ばれます。 獅子吼の庭の名称の由来は庭園中央にある巨岩の獅子岩から来ています。 また巨岩を割って根を地中へ張って生えている破岩の松も有名だそうです。 宝厳院の本尊は非公開の聖観世音菩薩です。 紅葉時期の庭園は緑の苔と紅葉、山水の流れが美しい風情をかもし出しています。 宝厳院の紅葉の見頃は11月下旬〜末頃です。拝観料は500円ですが、天龍寺との共通券900円もあります。

宝厳院(京都市左京区)

京都嵐山にある天龍寺塔頭・宝厳院の紅葉です

宝厳院庭園の紅葉

宝厳院の紅葉の見頃には少し時期的には

やや早かった感じですが回遊式庭園の紅葉は

なかなか見ごたえがありました

撮影日2005年11月22日

青嶂軒
青嶂軒
青嶂軒茶室
青嶂軒茶室
宝厳院境内
宝厳院境内
獅子岩と紅葉
獅子岩と紅葉
宝厳院の紅葉
宝厳院の紅葉
獅子吼の庭
獅子吼の庭
美しい苔と紅葉
美しい苔と紅葉
獅子吼の庭 庭園風景
獅子吼の庭 庭園風景
山水の流れ
山水の流れ
獅子吼の庭の庭園美
獅子吼の庭の庭園美
にぎわう庭園
にぎわう庭園
山水に紅葉を浮かべて
山水に紅葉を浮かべて
垣根と紅葉
垣根と紅葉
茅葺き屋根と紅葉
茅葺き屋根と紅葉
宝厳院の紅葉美
宝厳院の紅葉美
出口付近の紅葉
出口付近の紅葉

FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ京都紅葉11月天龍寺COOLPIX8800>宝厳院

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集