彦根城

彦根城は国宝に指定されており、滋賀県彦根市にあります。彦根城が出来たのは今から約400年前の1622年です。 もともとこの城は関が原の戦いで勝利した徳川方の譜代大名である井伊氏の居城として築城されました。 1603年の工事開始以来、実に完成に至るまで19年の歳月を費やした天下の名城です。 これだけ築城に時間が掛かったのは、関が原の戦い当時の井伊直政が築城を望んでいたが病死し、 残された家臣が直政の遺志を継いで築城工事を始めたことで、3期にわたる大工事となったためです。 その後明治維新まで代々井伊氏の居城として使われていた経緯があります。 また彦根城は明治政府の廃城令による取り壊しを免れて、現在にその姿をとどめている貴重な城のひとつです そのため1931年には旧国宝に指定され、1952年には国宝に指定されています。 ちなみに国宝に指定されている城は全国でも4箇所だけです。姫路城(兵庫県)犬山城(愛知県)松本城(長野県)とここ彦根城です。 今回は桜の頃の彦根城を訪ねました。 とにかく敷地が広大で、内堀と外堀周辺の桜は非常に見ごたえがあります。 大手橋を渡ってしばらく梅林方面へ歩くと入り口があり、ここから右手に折り返して天守閣へ向かって約30mの登りとなります。 廊下橋の下をくぐり、そこから今度は廊下橋を渡って最初に見えてくるのは重要文化財の天秤櫓と呼ばれる建物で、天秤のような形をしているためにその名があります。 この天秤櫓は豊臣秀吉の築城した長浜城の大手門を移築したものといわれています。 次に同じく重要文化財の太鼓門櫓と呼ばれる櫓があります。 ここをくぐると天守閣はもうすぐです。 彦根城の天守閣はGPS標高計で126mの標高となっていました。内堀沿いにある駐車場とは約30mの標高差があります。 意外と天守閣自体はあまり大きな印象を持ちませんでしたが、 この天守閣は国宝に指定されており、京極高次の築いた大津城の天守閣の上3層を移築したものといわれているようです。 また天守閣からは桜の風景とともに彦根市街や遠く琵琶湖まで見渡せます。 またここから黒門方面へ下ってゆくと、玄宮園と呼ばれる大名庭園があり、こちらからの眺めもまた素晴らしいものがあります。 玄宮園の風景はまた後ほどアップします。
彦根城城壁の桜
彦根城城壁の桜
天秤櫓付近の桜
天秤櫓付近の桜
天守閣へ向かって
天守閣へ向かって
天守閣の屋根瓦と桜
天守閣の屋根瓦と桜
天守閣より琵琶湖を望む
天守閣より琵琶湖を望む
天守閣と桜
天守閣と桜
彦根城桜の見頃
彦根城桜の見頃
天守閣と梅の花
天守閣と梅の花
内堀に沿って
内堀に沿って
内堀の桜
内堀の桜
内堀の桜
内堀の桜
はるか表門橋を望む
はるか表門橋を望む
駐車料金
駐車料金
表門橋と城壁の桜
表門橋と城壁の桜
内堀と表門橋
内堀と表門橋
桜と内堀と犬走り
桜と内堀と犬走り
内堀に遊ぶ白鳥
内堀に遊ぶ白鳥
内堀沿いの道より
内堀沿いの道より
表門橋と豪快な桜
大手橋と豪快な桜
外堀沿いの桜
外堀沿いの桜
城壁にしなだれる桜
城壁にしなだれる桜
入場料
入場料
佐和口多聞櫓付近の桜
佐和口多聞櫓付近の桜
市民会館付近の桜
市民会館付近の桜
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
1280x1024
1280x1024
1280x800
1280x800
1366x768
1366x768
1440x900
1440x900
1600x900
1600x900
1920x1080
1920x1080
彦根城(滋賀県彦根市) 撮影日2006年4月13日
撮影カメラ EOS 5D レンズ EF 28-300mm 3.5-5.6 L IS USM
参考GPS測位標高データ 彦根城駐車場 85m 彦根城天守閣 126m


FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ滋賀県4月彦根城玄宮園EOS 5D>彦根城

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集