大山の壁紙写真

鳥取県にある伯耆大山は標高1709mを誇り、伯耆富士とも呼ばれる中国地方の最高峰です。 大山はトロイデ型(釣鐘状)火山で、溶岩ドームが風雨に削られて崩落し、現在のような山容を作っていったのだそうです。 180万年前くらいから活動を始めた大山は大規模な成層火山を形成し、その後5万年前くらいから大規模な噴火をし、 そのときに誕生した最大規模の溶岩ドームが冷えて固まり成層火山の上に乗っかっているのが現在の大山の原型だそうです。 1万年前くらいに最後の噴火をした後は噴火記録は残されていないそうです。 また大山は見る方角によって様々に姿を変えてゆくことでも知られています。 大山のことを伯耆富士とも出雲富士とも呼ばれているようですが、 これは西の方角から見た大山がちょうど富士山のような形に見えることからそう呼ばれています。 西の裾野にある伯耆町からはちょうどこういった形の大山が見られるということでしょう。 今回は大山の周遊道路に沿って走り、新緑の頃の大山を見てきましたが、 西日本一の規模を誇るといわれるブナの原生林が中腹に広がっているため、 素晴らしい新緑を見ることが出来ました。 大山周遊道路は山岳信仰の拠点ともなった大山寺を経由して標高800m〜1000mくらいのところを走ります。 間近で見る大山の雄姿は素晴らしく、とても印象に残るものでした。

伯耆大山の壁紙

中国山脈一の高峰・伯耆大山壁紙写真(鳥取県大山町 他)

大山周遊道路より眺める

大山は見る方角によって様々な山容を見せてくれます。

新緑の頃の大山は西日本最大規模といわれる

ブナの原生林の新緑がとても美しいです

撮影日2005年5月10日

伯耆大山の昇陽
伯耆大山の昇陽
伯耆大山と残雪
伯耆大山と残雪
新緑の山肌
新緑の山肌
展望所より見る大山
展望所より見る大山
まばゆい新緑
まばゆい新緑
大山寺駐車場付近より
大山寺駐車場付近より
ブナ林の新緑
ブナ林の新緑
急峻な山肌
急峻な山肌
朝日射すブナの森
朝日射すブナの森
大山周遊道路より
大山周遊道路より
新緑と青空
新緑と青空
高原の駐車場より
高原の駐車場より
標高1709m
標高1709m
急峻な岩の壁
急峻な岩の壁
遠くに見る大山
遠くに見る大山
一ノ沢付近より
一ノ沢付近より
斜面のクローズアップ
斜面のクローズアップ
山頂付近
山頂付近
ガレ場
ガレ場
大山寺付近の新緑
大山寺付近の新緑

FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ5月山岳鳥取県新緑蒜山高原COOLPIX8800>伯耆大山

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集