宇治平等院

宇治平等院や鳳凰堂の壁紙写真です。 鳳凰堂で有名な宇治平等院は京都府宇治市にあり、市内から瀬田方面へ向かう宇治川の畔にあります。 もともと貴族が集まっていた宇治の地に、平安時代に藤原道長が別荘宇治殿を構え、 その子藤原頼通が開基となって初代住職に明尊を迎え、 1052年に宇治殿を寺へと変えたのが宇治平等院の起源とされているようです。 平安時代後期に当たる当時には末法思想という、仏が滅んで天災が起こるという思想が広がっており、 その末法元年に当たる年が1052年だそうです。 藤原頼通が宇治殿を寺院に変えていったのも、末法思想の影響で 世の末が始まるのに別荘でのんびりしている場合ではないと思ったのかも知れません。 国宝に指定されている宇治平等院の鳳凰堂は翌年の1053年に建立されています。 鳳凰堂の本尊は仏師定朝作の有名な阿弥陀如来像があり、残念なことに行った時期は開帳されていませんでしたが、 開帳されていれば池の畔からも対岸の阿弥陀如来を鳳凰堂と共に眺められるようになっています。 また平等院は京都の他の社寺と共に古都京都の文化財として1994年に世界文化遺産に登録されています。 鳳凰堂の名前の由来はその姿形が鳳凰が羽を広げているように見えることからそう呼ばれるようになったそうです。 もともとは阿弥陀如来をお祀りしているので阿弥陀堂だったそうですが。 宇治平等院には特定の宗派はありません。それは浄土宗と天台宗を兼ね備えていたという性格と、 宗派の異なる寺院同士で建物を管理しているという特殊性のためだと思われます。 宇治平等院は当時の末法思想から極楽浄土を願う浄土信仰の影響を受けて、 まるでこの場所に極楽浄土を出現させたかのような建物の配置になっているような気もします。 鳳凰堂は阿字池の浮島に建っており、庭園中央にある阿字池に映る鳳凰堂の姿形も美しく、 当時の貴族はそこに阿弥陀如来を映して極楽浄土の姿を見ていたのかも知れません。 また平安時代の文化遺産が多数残されているのも平等院の特徴で、 鳳凰堂は唯一戦火を免れて当時のままの姿を現在に伝えている貴重な文化財です。 そんな鳳凰堂の建物は10円玉の表にデザインされていることでも知られていますね。 紅葉は残念ながら上手くセットで撮ることはできませんでした。 これは鳳凰堂の建物周辺に紅葉したもみじがなく、主に池の周辺や横にのみ紅葉した木々があるためです。 宇治平等院の駐車場代は500円かかります。また拝観料は平等院ミュージアムと合わせて600円、 阿弥陀如来を見るために鳳凰堂内部(撮影禁止)に入るとさらに300円かかります。結構高くつくかも。

宇治平等院鳳凰堂と紅葉

紅葉の時期の美しい宇治平等院や阿字池に映る平等院鳳凰堂の様子です。

平等院ミュージアム鳳翔館
平等院ミュージアム鳳翔館
宇治平等院の歴史
宇治平等院の歴史
紅葉や花の見頃
紅葉や花の見頃
阿字池に映る鳳凰堂
阿字池に映る鳳凰堂
逆さに映る平等院鳳凰堂
逆さに映る平等院鳳凰堂
宇治平等院鳳凰堂
宇治平等院鳳凰堂
水面に映る鳳凰堂
水面に映る鳳凰堂
世界文化遺産 宇治平等院
世界文化遺産 宇治平等院
駐車場料金
駐車場料金
10円玉に載っている鳳凰堂
10円玉に載っている鳳凰堂
拝観料
拝観料
屋根の鳳凰
屋根の鳳凰
撮影地 宇治平等院(京都府宇治市) 撮影日2004年11月29日

サイトトップ京都11月紅葉COOLPIX 8800>宇治平等院

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク