明石海峡大橋

神戸市垂水区と淡路島松帆を結ぶ明石海峡大橋の壁紙写真です。 明石海峡大橋は神戸市垂水と対岸の淡路島松帆を結ぶ、総延長3911mの世界最長の吊り橋です。 明石海峡大橋の全長は3911m、橋脚間の長さは1911mで世界最長の吊り橋です。 主塔の高さは海面から見て298.3m、総建設費5000億円という金額がかかっています。 また道路面の海面からの高さは約97mほどあります。 着工は1986年(昭和61年)4月ですが、途中震災の影響で橋脚が1mずれるなどのトラブルもありながら 着工から12年後の1998年(平成10年)4月15日に見事完成・一般に供給が開始されました。 橋脚の高さや長さがこれだけ高く長くなったのには理由があります。 瀬戸内海に面する明石海峡は海の交通の要所であり、しかも瀬戸内海で最も狭い海峡となっています。 ここに橋をかけるとなると、最大級のタンカーなどが問題なく通れるだけの高さを確保する必要があったためです。 また明石海峡大橋の建設によってただでさえ狭い明石海峡がさらに橋脚の分だけ狭くなってしまうため、 橋脚の数も最低限の数しか置けなかったためだと思われます。 明石海峡大橋が出来る以前は淡路島へ渡るにはフェリーしか手段が無く、 明石海峡の海が荒れているときはよく足止めを食うことも多かったのですが、 大橋が完成したことでようやく淡路と本土が陸路でつながり、非常に行きやすくなりました。 現在は神戸淡路鳴門道として供用されています。 人口密度が高い京阪神の大都市圏に近いこともあり、四国や淡路島間を結ぶ重要な交通ルートになっています。 明石海峡大橋を渡るためには本州側では神戸淡路鳴門道垂水インターが、淡路側では淡路インターが入り口となります。 また新たな夜景や観光スポットとしても人気があり、明石海峡大橋の撮影スポット付近にも いろいろなお店や施設が誕生しました。

明石海峡大橋の昼風景

撮影し始めの頃に最初に行った明石海峡大橋の昼間の風景です。

明石海峡大橋
明石海峡大橋
通行料金
通行料金
初めてのカメラ撮影
初めてのカメラ撮影
アジュール舞子の海岸
アジュール舞子の海岸
身近な世界一
身近な世界一
明石海峡大橋の主塔
明石海峡大橋の主塔
大蔵海岸から見た明石海峡大橋
大蔵海岸から見た明石海峡大橋
ズーミング明石海峡大橋
ズーミング明石海峡大橋
明石海峡を往来する船舶
明石海峡を往来する船舶
神戸淡路鳴門道 室津PA
神戸淡路鳴門道 室津PA
神戸淡路鳴門道 淡路SA
神戸淡路鳴門道 淡路SA
明石海峡大橋の夕暮れ
明石海峡大橋の夕暮れ
明石海峡に沈む夕日
明石海峡に沈む夕日
明石海峡大橋点灯
明石海峡大橋点灯
明石海峡大橋・昼景(兵庫県) 撮影日2002年9月18日

FORCE Club 小・中学生向けeラーニングユーザー募集

サイトトップ明石大橋ライトアップ神戸8月>明石海峡大橋

Tweet

カスタム検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FORCE Club 高校生向けeラーニングユーザー募集