スポンサーリンク

画素数の差と手振れ

スポンサーリンク

画素数の差と手振れについてですが、
一番最初に買ったカメラは500万画素COOLPIX5700でした。
その次に買ったのが8700ですが、手振れの度合いは明らかに新型の
8700のほうがひどかったのを覚えています。
理由は今にして思えば同じ受光面積のCCDを
500万から800万にしたため、当然1CCD当たりに入る光の量は
800万画素のほうが少ないため、それだけシャッタースピードが
遅くなってしまったことが原因です。
次の8800が手振れ補正機能を付けてきたのは当然の成り行き
といえるかもしれません。

サイトトップチューリップ兵庫県4月EOS 5Dチューリップマクロ次へ

画素数の差と手振れ 左クリックでチューリップマクロへ右クリック背景に設定で壁紙へ

壁紙サイズ

カスタム検索
FORCE Club 大学入試対策講座eラーニングユーザー募集
FORCE Club 資格対策講座eラーニングユーザー募集