スポンサーリンク

一眼レフデジタルの欠点

スポンサーリンク

一眼レフデジタルの欠点のもうひとつは大きく重いレンズ。
今レンズ交換の手間を省き、だいたいこれでいけるだろうと思いメインでつけている
28-300mm L IS などはレンズだけでも重量が1.6kg、カメラ本体とあわせると2kgを軽く越えます。
逆にこの重さが手ブレを防いでくれる点はありがたいのですが、なかなか慣れるまでには
時間がかかりそうです。
あとは三脚、これって軽いものを使うととんでもないことになります。
もちろんカメラがひっくり返る可能性以外にも、
特に夜景撮影ではミラーショックで画像がブレることもあるのです。
こんなことはコンパクトデジカメでは経験しなかったことです。
ミラーアップ撮影も出来ますが今度は撮像素子がむき出しになるため
ゴミがつきやすくなる問題も出てきます。
やはりそれなりに重量がある三脚を使わないといけないとなると、
値段も張るし、持ち運ぶだけでも大変そうです。

サイトトップチューリップ兵庫県4月EOS 5Dチューリップマクロ次へ

一眼レフデジタルの欠点 左クリックでチューリップマクロへ右クリック背景に設定で壁紙へ

壁紙サイズ

カスタム検索
FORCE Club 大学入試対策講座eラーニングユーザー募集
FORCE Club 資格対策講座eラーニングユーザー募集