スポンサーリンク

一眼レフとコンパクトデジカメのISO感度

スポンサーリンク

ちなみにどれほどISO感度に違いがあるのかですが、
COOLPIX8800の場合、標準は何とISO50で、最大は400までです。
対してEOS 5Dの場合は標準はISO100で最大は1600、拡張感度を使えば3200までOKです。
ですが、実用範囲でザラツキが比較的鑑賞に耐える範囲で言えば、
8800がISO100が限度であるのに対して、同じくらいのノイズレベルであれば
5DはISO800くらいまでは充分実用範囲に入ると思います。
単純に考えて条件が同じだとすると、約8倍のシャッタースピードを
稼ぐことが可能だということになるように思います。
ちなみに私は5Dの手持ち撮影の場合はほとんどISO400で撮っています。
対して8800の場合はほとんどの場面で三脚で撮影し、
かつISO感度も最も良い50に常時設定でした。

サイトトップチューリップ兵庫県4月EOS 5Dチューリップマクロ次へ

一眼レフとコンパクトデジカメのISO感度 左クリックでチューリップマクロへ右クリック背景に設定で壁紙へ

壁紙サイズ

カスタム検索
FORCE Club 大学入試対策講座eラーニングユーザー募集
FORCE Club 資格対策講座eラーニングユーザー募集